生存報告

リネ2のアプデが入っているので情報を得たいな、とか。
モーショントレースを追い込みたいな、とか。

…まぁやりたい事山盛りの状態で週末を迎えようとしていたんです。
そこへ起こってしまった熊本地方を震源とする地震。
のちに前震と呼ばれるようになった地震の第一報を得たのはツイッターとメールマガジンからでした。
余りにも大きな震度に震えが走り、慌てて点けたTVから流れる光景にちょっと安心したのもつかの間。
それは翌日も仕事だった私が浅い眠りに入り始めた午前1時過ぎ。
前日にもスマホから鳴り響いた地震警報の音。
寝ぼけた頭でスマホを掴んで、鳴り響く音を消した直後に訪れた強烈な横揺れ。
咄嗟に目に入った飼い猫を掻き抱いて共に近くのテーブルの下に上半身を捻じ込むのが関の山でした。
収まった揺れに体を起こし、辺りを見回せば棚の上の物は悉く落ち。
揺れてる最中には見当たらなかったもう1匹の飼い猫を倒れ掛けたTV台の影から救い出し。
別室に居た家族と居間に集まって避難用品袋や猫達のキャリーケースなどを取り出して。
大雑把に身なりを整えて、その上から室内用の半纏を羽織って、外出用のコートを近くに引き寄せて。
いつでも避難出来るような状況のまま、家族揃って居間にて一夜を過ごすことにしました。
1分おき、と言っても過言ではないほどに続く余震に落ち着かない夜はどうにか無事夜明けを迎えたのでした。


これが隣県の私が体感した平成28年熊本地震。
本震と位置付けられた地震の地元での震度は6弱。
後に阪神淡路大震災と同等のエネルギーだったと言う事を知り。
これ以上の揺れを体感した東日本大震災で被災した方々の恐怖を改めて思い。
今現在も続く余震に心の隅で不安を抱えながらも、大きく被災している熊本県の方々が早く日常を取り戻せるように願うばかりです。

[PR]

by acoustic-peace | 2016-04-17 23:38 | 日々徒然 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ちょっと落ち着いてきた トレス進捗 >>