前厄だからか

えー1月末辺りから更新がろくに出来ていなかった言い訳をここで一つ。




事の起こりは多分、娘の嘔吐下痢から。
その嘔吐下痢が治まり学校に行き始めた2日目の昼に熱を出し、迎えに行った帰りにかかりつけの小児科に寄った所。

小児科医:インフルエンザですね。今流行の香港A型です。

10歳未満という事でタミフルを処方して頂き、心配していた熱も当日の夜に39度まで出たものの…その後はあれよあれよという間に完治。
同時に家族ぐるみで感染予防にも努めた結果、両親共々感染する事なく娘も無事復学(インフルエンザは登校禁止になるので)して一安心したのが先々週の頭の話で。
娘が不調の間に溜まっていたあれこれを片付けつつ、イベントだーとわさわさと狩りをしていたのが先週の話で。
そんな風にリアルとリネで忙しく立ち回っていたのがふっつり切れたのが悪かったのかどうかは定かではないのですが。

3日前の夜、唐突に39度近くの発熱を観測。
自分が行った対処法は夜という事もあって『解熱剤を服用しつつ寝る』という至ってシンプルな方法だったのですが、滝のような汗をかいたお陰か翌朝には全快。
多少の違和感はまだあったものの、問題は無い事から日常生活即日復帰したのですが…思えばこの時に病院行っておけば良かったんだなぁ。
同日の昼下がり辺りから胃腸の調子がイマイチになり。
夕方には痛みが出始め。
夜には再び前夜同様の発熱を観測+腹痛を抱えて眠れぬ夜を過ごし。
翌日病院に行って出された診断は…『胃腸炎』。
文字通り胃腸に炎症を抱えた状態なのですが、細菌性のものとウィルス性のものではちょっと話が違うらしく色々医師と話した結果。

担当医師:色んな複合原因は挙げられるのですが、以前子供さんが持って帰った嘔吐下痢が今、発症した可能性が無いとは言えませんね。

2週間以上前の病原を今頃発症。
流行を無視する娘が娘なら親も親。
そういう所で似た所を発見するのはどうかと思った今日この頃。
ちなみに昨夜は発熱もなく久々の安眠というものを味わいました。
今暫くはトイレがお友達な日々のようですが、それも少しずつ回復に向かっております。
しかしまぁ不調というものは1度起こると姿形を変えてずらずらと続くものだなぁ…と嘆いた所に家族が一言。

前厄だから?

真面目にお払いに行った方が良いんだろうか、と考えた一時でした。
[PR]

by acoustic-peace | 2008-02-22 16:38 | 日々徒然 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< LvUPな瞬間 さっくり >>