<   2005年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

プチエロハン&クエ巡りの旅

時々思い立ったようにエロハンを繰り広げている事が有るので、今回はそのレポートとC3からは報酬が上がったという各初期村クエスト巡りの旅をお送りします。

c0012810_203862.jpg
女子二人でまったり語らいから始まりましたが、実はこれが今回のエロハンの始まり。
同じクランのコンプさんが “ネクロかカタコム行こう” と言い出さなければ今回のエロハンは開催されなかった訳です。
という訳で、後方支援隊員・大蔵さんを二人でナンパ。
一応シャーマンは回復も出来ますが、シャーマンだけとヒーラーが居てくれるのでは安心度が格段に違う…という結論。
暇そうにしてる人は誘拐する勢いで呼び出すのが常套手段になってきた今日この頃。
c0012810_20384899.jpg
エロハンと言えばサキュたん。
対峙していたお二人がDEだった事も相まって萌えの相乗効果が生まれております。
ついでに言うならエロフFはやられてる時の声がやけにヤラシイと思うのは気のせいでしょうか…。

最早別の意味でヤられてるとしか…(モガ

c0012810_2038542.jpg
そんな風に(*´д`)ハァハァしながら繰り広げていたトリオ狩りの最中に、中の人が離籍して戻ってくると…何やらエロフ同士でいい雰囲気に。
何ですかそのきっちりと収まる所に収まった感じのする光景は!ヽ(`Д´)ノ
悔しいので今後オークの兄弟(F求む)が入ってきてくれた時にはまったりと和むミドリの雰囲気をかもし出してやろうと思ってしまったのだとか。
c0012810_203974.jpg
ぶっちゃけ言うとですね…コンプさんのこの一言がなかったら、今回がエロハンだったという事にはならなかったんですよ。
普通に狩りしてたしね。
しかし、彼女は敢えて率先するかのようにこう言い出してくれた訳で。
そんな彼女ももれなく隊長権限を以って、めでたく強制的にエロメン入り。

エロチカファイヴ、とうとう隊員数が4人までやってきました。
5人目を激しく募集中(`・ω・´)

c0012810_20392134.jpg
そしてまだ残る、というコンプさんをその場に残して帰還してみると…。
c0012810_20393225.jpg
何故か支援隊長と背中合わせに立っていた自分が居ましたとさ。





続いてはエロハンとは別の日にクラメンのキャンルーさんと共に、クエ巡りの旅に出てみたのでレポート。
c0012810_2041121.jpg
クエスト名:【極悪の種】 場所:TI 必要Lv:21 クエ可能種族:全て
~C2までの報酬:6k+シックル(鈍器/露店売り価格 9k前後)
C3での報酬:D-dai(露店売り価格 80k前後) ※共にテオン鯖での相場

C3効果:+65k

c0012810_20411658.jpg
クエスト名:【地下要塞の呪い】 場所:E村 必要Lv:12 クエ可能種族:DE以外
~C2までの報酬:2000exp+ボーンシールド(露店売り価格 10k前後)
C3での報酬:24k+ボーンシールド(露店売り価格 10k前後) ※共にテオン鯖での相場

C3効果:+24k

c0012810_20413330.jpg
クエスト名:【血の悪魔】 場所:E村 必要Lv:21 クエ可能種族:DE以外
~C2までの報酬:3k+4000exp
C3での報酬:42,130a

C3効果:+39,130a

-------------------------------------
と、まぁオークの身であるグリにはこのくらいしか調査が出来なかったのですが。
後日既存のDEを動かしてDE族のラストクエストを受けに行ってみたので、その結果を。

クエスト名:【危険な誘惑】 場所:DE村 必要Lv:21 クエ可能種族:DEのみ
~C2までの報酬:ボーンピース ブレストプレート(露店売り価格 25k前後) ※テオン鯖での相場
C3での報酬:102,680a

C3効果:+77,680a


【検証結果】
高レベルになっていたとしても逃してる人は是非受けに行くべき。
じゃないと勿体無いですわよ、奥さん!!(?
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-31 20:37 | リネ2・テオン鯖 | Comments(0)

Radagastの日記:誰か答えて・・・!

それは僕がグルーディン村の南門の警備兵ワイズから受けたクエストから事の端を発する。

「フェリム リザードマンって確か前は南門の先に居た筈なんだけどなぁ…;」

いつの間にか居住地を移動したらしい彼らの居場所をワイズ自身から教えられ、以前の場所より僅かに遠くなった気がするその場所へと足を向けながら一人愚痴ってみる。
まぁ愚痴ってみても場所が元に戻るって訳でもなく、だからと言って僕の足が早くなる訳でも無いから意味はなかったりするのだけれども。
見かけが見かけだけに辻WWなんて貰える筈もなく、ついでに言うならすれ違う人の姿さえない。

全く以って僕のこのタイミングの悪さ、と言うものには我ながら閉口してしまうものがあるな。

…なんて事を考えながら走る道のりは、背後から僕を追い越していく潮風が木漏れ日をちらちらと揺らしてとても綺麗だと思う。
生まれ故郷が島国の僕には潮風と言うものは酷く馴染んだ香りで、こうして背後から包まれてるような感覚はまるでTIに居るような気分。
それは初めて出会う誰かと言葉を交わせる気がする…所謂、浮かれてるという状態だった訳で。
そんな風に完全に浮かれきった僕が、ワイズが言ってたフェリム リザードマン達が居るちょっとした土手を駆け上がった狩場に辿り着いた時。
見渡す限り一面に居る、リザードマン達を次々に倒しては駆け回る人影を見つけて大喜びしたんだ。
それが何故か全員ドワーフ族だった、と言う事に微かな疑問を抱いたりはしたけれど…とにかく今まですれ違った人影がなかった事も相まって本当に嬉しかったんだよ。
Wizが持ってる¥なんてたかが知れてるし、ヒールだってヒーラーに比べれば全然劣る。
けれどとにかく僕が持ってる限りの¥やヒールをかけてあげたくて、ドキドキしながら近くに来たドワーフの少女に声をかけてみたんだ。

「こんにちわ^^」

彼女は一瞬僕を見た気がするけれど、自分には関係ないと思ったに違いない。
さっと踵を返して軽やかな足取りで近くに沸いたリザードマン目掛けて走って行ってしまったんだ。
まぁしょうがないよね。
突然、見知らぬヒューマン…それもひよこ装備のWizが声をかけてくる、なんて事はなかなかないのかも知れないし。
それでもどうにか誰かと話がしたくて僕は次々に声をかけていった。

「こんにちわ^^」
「良かったら一緒に狩しませんか?」
「大丈夫でしたか?;」
「…あの」
「えっと…」

…こんなに沢山の人が居るのに、誰一人として答えてくれない。

(僕ってそんなに挙動不審なのかな…?;)

なんて心配が頭をもたげて来てしまって、最後の方はもう目の前を通っていくドワーフ達をただ、ただ眺めるばかり。
訳もなく寂しくなって道が見える土手に腰を下ろしていじけてみても…誰一人として声をかけてくれる訳もなく。
ただ時間だけが虚しく過ぎていくだけで何の解決にもならず。
更に言うなら僕自身が受けてきたクエストの為にも、今も尚、背後でせっせとリザードマンを倒してるドワーフ達に混じって僕も負けずに戦って来なければならない…と言う事実だけがぼんやりと遠くを眺めてる僕の背中を突付いているようだった。





そんな風にただ寂しい気持ちと共に、膝を抱えて土手に座っていた僕がそれからどうしたか。
勿論、ドワーフ達に混じって必死になってリザードマン達を狩ったよ。
折角引き受けたクエストだから、最後までやり遂げたいしね。
…それでもやっぱり寂しいものは寂しい。
だから僕は狩りをしつつも声を上げ続けたんだ。

「誰か反応を… “ノ” で良いから聞こえた人、答えて~~~~!!」

そう、僕は有る意味必死だった。
自分が挙動不審だって事を認めたくない、って言うのも確かに有るけれど・・・とにかく無性に誰かと話したい気分だったから。
だってこんなに人が居るのに全く反応がないなんて、寂しすぎる。
半べそかきそうになるヘタレな気持ちを堪えながら…リザードマンに向けて魔法を撃って、叫んで、手にした鈍器で殴って、倒して、また叫んで。

(うん、反応ないね…)

ここまで思いっきり無視されるのって、逆に気持ちいいかもしれない。
多分今ここで、突然僕が歌いだしたとしてもこの人達は全然気にしないのだろうから。
それにこれだけ人が居ると走り回ってる時間が長くなる分、QK要らずのノンストップ。
それはそれで有難い様な、あんまり有難くないような複雑な気持ちを抱えながら…時々手元に集まるクエストアイテムの数を数えたりして時を過しては、また思い出したように叫んでみる事…数回。


「誰かー!聞こえたら挙手~!!」
「 ノ 」

…半分自棄になっていたせいもあって…予測してなかった出来事に、僕は一瞬固まった。
今しがた目の前を通り過ぎてリザードマンを倒したばかりのドワ爺さんの一人が、僕が上げた声に対してちょっと立ち止まって反応を返してくれたんだ!
これほど嬉しいと思った事はなかったよ。
あんまりにも嬉しかったものだから…大笑いしながら彼に抱きついて、そのまま抱き上げて飛び跳ねて回りたい…って気分をグッと堪えるのに苦労したね;
実際にやってしまったら、きっと僕は 【挙動不審人物】 から普通に 【不信人物】 として名を馳せてしまう事になってしまうだろうし…何よりこうして反応を返してくれた人をビックリさせるのもどうかな、って。



それから僕は一つ深呼吸をして。
メイジの時に覚えておいたマイトとシールドを彼にかけて。
短くお礼を返してくれた彼に 「頑張ってください!」 と声もかけて。
また近くに出現したリザードマンに向かって駆けていく彼の背中を見送った。



まだ嬉しくてドキドキしてる気持ちを抱えたまま立ち尽くしている僕の脇を、そ知らぬ顔したドワーフ達が駆け抜けていくけれど…もうそんな事も全然気にならないくらい。
嬉しくて嬉しくて…ついつい火力大放出してしまって…気付けば僕の周りにリザードマンの姿はなく。
ついでにしょっちゅう近くを走っていた筈のドワーフ達も、やや遠巻きに立ち尽くしていた程頑張ってしまったのはちょっと失敗だったかな;



僕はまだまだ駆け出しのウィザード。
色んな出来事や色んな人との出会いを求めて、今日もアデンを走り回ってます!
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-26 20:23 | Comments(0)

Radagastの日記:僕は…

僕の名前は、Radagast。
ひよこな装備のせいでよくクレリックに間違えられて 「wwください」 なんて言われてしょんぼりしたりもする、まだまだ駆け出しのウィザードだ。
wwくださいって言われてもウィザードの僕には覚えられないから、代わりにコンセントレーションなんかかけてみちゃったりして…妙な失笑を買う事もしばしば。
見かけだけで判断しないでほしいな、とは思うものの口に出せないのは僕の気が弱いからだろうか?

そんな僕の生まれ故郷は海を越えた場所にある話せる島の村。
今はその懐かしい故郷を飛び出して、自由気ままにアデン大陸を西へ東へと走り回ってる。



エルフ村の世界樹の下に立ってその神秘的な空間に息を呑み。
ダークエルフ村の中央にある封じられた像に迸る閃光の輝きに目を奪われ。
ドワーフ村のどこまでも続く白の大地に年甲斐もなくはしゃぎ回り。
オーク村の神殿に佇む将軍や司祭達が持つ迫力に気圧されて。



…立ち寄る先々の村のそれぞれが持つ独特の雰囲気を楽しみながら、時々猫達を召喚したりして毎日楽しく過ごしていた。
流石にもう初期村で狩りをする年じゃなくなったから、これからは色んな人との出会いを求めて今まで立ち寄った事のない場所にも行ってみたいと思う。

どんな人と巡り合えるのか…凄く楽しみだ!





長いWizのQK時間にサーバーの掲示板の方へちまちま連載してみる事に。
番外編、という事で結構内容が適当なのはここだけの話。
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-25 20:23 | Comments(0)

ドライバー更新

どうにも最近やけに強制終了がかかる…と言う事で。
テオンのクラメンである大蔵さんご指導の下にてグラフィックボードのドライバーを更新する…と言う作業をやってみた所、あっけなくこの問題は解決。
全然弾かれない所かちょっとカクカクしてたような所も比較的スムーズに動けるようになって大満足。
…で、問題は全て解決か…と言えばそうでもなく。

今度はSSがまともに撮影出来ないという現象が起こっております。・゚・(ノд`)・゚・。

ゲームの画面自体はちゃんと映ってるというのに、何故かSSの画像がやけにUPになっており。
更に言うならペイント系のソフトでこういう編集したんじゃないのか?!と疑いたくなるような不思議な画像に仕上がってしまう訳で。
そもそもSS自体が可笑しいのではないだろうかとリネを終了して普通にデスクトップを撮影してペイントで開いてみる事に。

…普通に普通のサイズで普通の画像が貼り付けられます…(´・ω・`)?

で、リフレッシュルートが可笑しいんじゃないかとインスコしたドライバーのリフレッシュルートを確認してみるも…リネで設定しているルートと同じ。
じゃあ画像サイズが…と思っても当たり前のように同じな訳で。
一体何が原因でそうなるのか全然皆目見当も付きませんlllorz

折角アップデートしたドライバー…アンインスコしないとならないのか、それとも別の設定を弄らなければならないのか…。
俺のリネ生活はまだまだ波乱含みな感じだなぁ…と他人事のように思ってしまった本日の一コマでした(現実逃避中



その後あれこれやったら何故か直った…というのはここだけの話。
何が原因で戻ったのか自分でもさっぱり^^;
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-23 02:55 | 日々徒然 | Comments(0)

QA討伐

QA討伐に参加してきた時の模様を相変わらず激しく遅い状態ではありますが、SSを織り交ぜてレポートしてみたいと思います(`・ω・´)

もう何をきっかけにして参加したのか定かじゃなかったりしますが、テオンサーバーの方で“レイドハンター”として有名な方が主催していたこのQA討伐。
募集Lvが30~と言う事で、この時そのボーダーぎりぎりだったにも拘らず参加してきた事だけはしっかり覚えておりましたww
c0012810_10201296.jpg
そうしてどうにか無事PTに拾って貰う事に成功。
各PT毎に役割が決まっておりまして…この時のPTの役割は『出来るだけ死なない(w』だった気がしますww
そうして各PT毎の注意事項と全体での注意事項をそれぞれが確認しあった後は、ゾロゾロゾロゾロといざアリの巣へ。
c0012810_10222242.jpg
C3が来てからの初QA討伐となる事からQAがどういう進化を遂げたのか全く解らない状態だっただけに再三、主催者・R氏からの注意事項が告げられます。そうしてまず1回目のアタック開始。
セオリー通りに幼虫を攻撃してナースを別の部屋に隔離。
別部隊がガードアントを引き受けている間にQA隊が攻撃開始



…したのですが。



やはりC3からQAが強化されている!という事で一旦退避。
余りにも硬くなってるQA。
そうして何故か幼虫を攻撃しているにも拘らずQAの元へ戻ってきてしまうナース。
ガードのタゲ固定もなかなか上手く行かない…と言う報告を受けて戸惑う面々。
c0012810_1026663.jpg
しかし再び作戦を練り直して、再Buff後に突撃を開始。
c0012810_10272089.jpg
私はBuff管理とタゲが散った時やヒールが追いつかない時にcolで補佐する、と言う役目をPTリーダーから仰せつかったので残念ながら直にQAを殴る事叶わず。
c0012810_10292244.jpg
Buffタイムを管理しつつ、colの範囲にPTメンが入る事を確認しながらもヒーラーさん達とまったりしてるその横。

今回の主催者・R氏が一身にロイヤルガード達の攻撃を受けている様が…><;
心の中で “アンタ、漢や…” と思ってしまっても仕方のない話です(?

c0012810_10302720.jpg
そんな漢な主催者様の影の活躍もあり、無事QA討伐完了!!



…と、歓喜の場面から一転。
c0012810_10313311.jpg

阿鼻叫喚な 地 獄 絵 図 に早代わり…orz



何ですか、このガードの数…
 ※SSに映ってない所にアフォのようにうじゃうじゃ居ました
と言うか一体どこから湧いてきたんですかコイツら…
 ※QAを倒したらまるで分裂したかのようにその死体からワラワラと湧いたそうな
R氏が引き付けてた数よりも明らかに多いと言うか…

普通に増えすぎですからlllorz



この時のQA討伐、参加した全員がもれなく最低1回ずつは死んだ…というある意味伝説に残りそうな状態になったのだとか(聞伝/オイ
参加したリザ持ちヒーラーさん達は激しくお疲れだったと思います…というかお疲れでしたよ、本当に;;
c0012810_10323167.jpg

[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-20 18:52 | リネ2・テオン鯖 | Comments(0)

ぎゃー!

ばっちり参加する気満々だった 『りねちゅ』 だったのですが。



昨日だった… (゚д゚ )ポカーン



何してたんだ、って?
そりゃもう三十路になった事だし、どうにか手持ちがひよこ上下購入の際に希望してる金額まで貯まったので “まぁセット購入じゃないから、売りはないだろうなぁ” と思いつつも城村、ディオン、ギランの露天巡りしてみたり。
やっぱり無くて、それでも懲りずに数回往復してみたり(バカ
ギランの店売りかぁ?と思いつつも@40kは足りないと言う事実に溜息零してみたり。
丁度INしてきたコンプさんとお久しぶりーと会話しつつ、倉庫の中の物を露天してみたり。
更にその後はクラン員のコンプさんと大蔵さんの二人と合流して…

新ダンジョンの 「ネクロポリス」 に篭ってましたよ、と(´ー`)y-’

30台前半の少数PTだとあまり突っ込んだ狩りは厳しかったりしたけど、Exp的には “何これ?!” と笑いが止まらない状態に。
Drop品はアップデートのお陰でかなりしょぼかった訳ですが、代わりにアデナがそこそこ稼げた訳で。
と言うか、何しろクルマ2F状態(種族無視の部屋毎リンク)の新ダンジョン。
最初こそは通常の狩り方式でコンプさんが突っ込んで、私と大蔵さんは補助…という状態で狩っていた訳ですが。
それだと3人ではちと続かない。
いつしか狩りの方法は部屋から通路へ引っ張って処理しつつ、狩る…という状態になり。
気付いたら私がメインアタッカーのような状態になってましたが、何か?w

だってフロストのLv上げたら、鬼のようだったしwwww

三十路になって速攻PT時に使う事の多いスキルから上げて行ったのが幸いした模様。
かなり楽しく狩る事が出来ましたw
暫くグリが休みに入る前だったから尚更に楽しかったですぞw
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-20 08:49 | リネ2・テオン鯖 | Comments(3)

リネの楽しみ方

今日、とある事からDAの元メンとWis対話した。

俺はエレンで。
相手も昔とは違うキャラで。

姿が変われど中の人は変わってなかった。
交わす言葉の端々に知らずと懐かしさが入り混じる。

DAの時から凄く強い人だった。
手が届かない位置に居る人だった。
いつも守ってもらう側だった。
その背中をただ追いかけていく日々だった。
いつの日か追いつこうと一生懸命だった毎日。



でも、もう彼と肩を並べて走る事も…その背中を追う事もない。



訳も無く胸が熱くなって、少しだけ寂しくなった。
…それからもあれこれと雑談を交わした後、彼に向けてこんな質問を投げかけてみた。

『充実してますか?』

すぐさま短く、そして力強く “はい” と言う答え。
引退を決意して去っていく人が多くなったこのリネと言う世界で、懐かしい人が楽しんでプレイしているという事に少なからず嬉しかった。
自分も何だか励まされた気持ちになった。
ちょっとだけ萎えかかってた気持ちに力を貰った。



…アデンのどこかで、嘗ては志を同じくしていた仲間達がまだ頑張っている。
俺もまだまだ頑張ろうという気分になった…そんな一時。
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-16 02:08 | 日々徒然 | Comments(0)

クランLv4

エレンが入っている血盟がいよいよLv4の試練を受ける…と言う事でやってきました象牙の塔。
本当はギランから始まる血盟Lv4の試練だったりする訳ですが、そこは別に血盟員が一緒じゃなければならないと言う事ではないので盟主が一人で済ませてきてくれた模様。
そうして集まる血盟員&ゲストの皆様方(一部クラメンの1stが混じってます)
c0012810_1365454.jpg
何か主役の筈の盟主が霞む位に皆リラックスムードなんですがw
やがて本日参加できるメンバーが出揃った所でそれぞれ前以て決められていたPTを組んで、いざ出発!!
c0012810_137452.jpg
は良いが… ゼロ、飛ばしすぎや… (゚д゚ )ポカーン
落ち着き払っているように見えた盟主でしたが、やはり気持ちが高ぶっているのかちょっとフライング気味。
そういう私も初めていくエリアばかり…と言う事からやや興奮気味でした^^;



…で。
いよいよここからが本番…とは言えど、雑魚な私はまだ出番ならず。
まずは先に3人の血盟員が盟主の為に命をかけます。
本日の生贄はgsolaさん、もこなさん、七眼さんの3名。
色んな攻略サイトを見ると大体3名とも死んでしまうらしく、生き残る可能性は少ない…と言う話だったのですが。

gsola:話しかけた 命を捧げる もクリックした
もこな:私も終わった

他のメンバー: ???

一番最後に命を捧げた七眼さんはお約束通り死亡してしまった訳ですが…どうやらソラさん、もこなさんのお二人は死亡せずに済んだ模様。
…しかしその事により、気合入ってた盟主が混乱し始めてしまいまして。
c0012810_1371591.jpg
盟主にしっかりと説明しなおした所、どうにか納得してくれて第一段階は終了。
そしてここからが私にしたら本番。
各自生贄をリーダーとしたPTはそれぞれ必要なアイテムを出すMobの所へと移動を開始。
私はツイてる生贄の一人、もこなさんのPT員として鏡の森付近まで遠征してきました。
…まぁなんと言うか…移動距離が長い事、長い事;;
足の速いメンバー+WW2を持っているもこなさんという事で一番遠いエリアを指示された模様。
そういうメンバー振り分けだったとは思いもよらず…とにかく何が何だかよく解らない内に辿り着いた鏡の森。
c0012810_1372565.jpg

うん、このメンバーだったら私は確実にオマケね…(´ー`)フッ

まぁオマケも連絡係くらいは出来る訳で。
生贄のもこなさんはヒールもしなけりゃならない、LAも取らなきゃならない…と言う事で大忙し。
よって私が盟主との連絡係として任命されたと言う事で、各PTターゲットMobを捕捉したと言う連絡をそのままメンバーに伝達。
更に盟主が毒を飲んだ…と言う事も伝達して、各PTいざスタート!!

gsola:出た

私&盟主:早っ!!

余りの速さに盟主と気持ちよく言葉が被っちゃったりしつつ、こちらも負けじとクエアイテムの為にシャーマンを叩きます。

1匹目、出ない。
2匹目も出ない。
3匹目も…出ない。

こうして私達が奮闘している間にも盟主は専属ヒーラーさんと共に、毒の脅威に晒されて頑張っている事は当たり前のように全員解っている訳で。

4匹目、出ない。
5、6匹目…もダメ。

もう一組のPTもやはり苦戦しているようでなかなか終了の声は聞けません。
その内そこら辺に居たハリツリザ達がごっそりとリンクしてしまい、頑張ってLA取る為に奮闘していたもこなさんがややピンチ。
大慌てでヘイトを取るタンカーのR氏。
とにかく他のヤツを排除しなければ…と奮闘するアタッカーとスポイラーの二人。
私も無論…頑張ってきました。

そんな最中に突然、ピコーンと有得ない音が。
未だに奮闘中のPTメンを他所にシステムログを確認してみると…。

私: ハリツの薬草 って…今回のクエアイテムですよね?;
もこな:うん



私:ソレ、何故か 私の所に来てます…



生贄しか入手出来ない筈のクエアイテムを私がgetしてしまう、と言う未曾有の珍事が起きてしまった訳で。
通常のクエアイテムとは違い、普通にアイテム欄の方に来ていた事からもこなさんにトレードをして無事、任務完了。
この事を盟主に伝達すると再び混乱してしまったらしく、暫く “訳が解らん” と呟いておられましたw
c0012810_13105531.jpg
で。
取り合えずPTメンで猟師の村まで戻り、生贄のもこなさんと別れたメンバーはまったりと狩りつつ盟主の元へ。
c0012810_1374234.jpg

盟主ゼロ、元気一杯☆

…まぁ確かにただ待ってるだけの身としては暇で堪らないのは解る。
更にヒーラーさんが3人(1名シャーマン)付いている…と言う事もあり、安心していた…と言う事でしょうか。
そうして集まったメンバーが漸く一息入れた所へ。

gsola:こちら終了 これから戻ります




早過ぎるから!!www



こんなにポンポンと簡単に済むものなのか…私にはそういう経験が無いので全く解りません。。。
無論、今までの経験を裏付けるかのように高速で戻ってきた生贄3名。
その内の代表者であるソラ氏からアイテムを受け取ってカーリスに渡した盟主。
c0012810_1375455.jpg
…ってな訳であっさりと

終了~!
c0012810_1202614.jpg
その後は勿論、かけられた強烈な毒のお返しと走り回らされた苦労を叩き付けてみるメンバーでありました。

後は盟主のSPだけ…らしいですよww
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-07 13:06 | リネ2・ゴス鯖 | Comments(2)

クラハンIN悪魔の島

普段は大体ソロ活動しているメンバーの集まりのような感じのする所属クランの0C7だったりしますが、週に一度は定期的にクラハンをやっている訳で。
本日は初となる『悪魔の島』に行ってきました!

まずはぞろぞろと集まってきたメンバーの中でゲストとなる、元DAメンのトフ氏に思いっきり踏まれたままBuffされてのスタート。
リネに勧誘した時に私が “剣クレ、剣クレ” と連呼したのを素直に受け止め、その後更に独自に発展し続けた結果…トフ氏は見事 『剣プロフ』 に進化しておりました。
c0012810_1238927.jpg
プロフのBuffは数が多くて大変そうだなぁ…と他人事のように思ってたのはここだけの話(お前が勧めたんだろうが
c0012810_12375631.jpg
そして本日のメンバーは一部、親クランからのサポート入り。
実際のメンバーだけでの悪魔の島探索はまだまだ遠いって感じですな。
ギラン港から全員でちょっと早い気がする海水浴をしつつ、近寄ってくる鮫を撃破しながら辿り着いた洞窟にていよいよ本格的なBuff開始。
c0012810_12381832.jpg
何やらお名前がピンクな方々が居ますが…まぁ気にしないw
ここでリスタに行こうとしたメンバーをさり気なく阻む為にじゃれてしまった模様。
私もリスタに行ったので、多分誰かじゃれてくれたんじゃないかと思います(`・ω・´)



そして奥へ進むと…居ました。
悪魔の島では有名な 『セイトン一家』 です。
どんな姿してるんだろうか…と色々想像してた姿とはかなり違ってましたね。
まさか人形とは…f^^;
c0012810_12382678.jpg
それからもわらわらと寄ってくる色んなものを撃破しながらガンガン進むメンバーについていくのがやっとな感じだったりしたのは気のせいじゃないと思う訳で。
相変わらず走る荷物、健在ですorz

c0012810_12383463.jpg
…で。
辿り着いた先は…何やらちょっと拓けていて、更に夜空なんか見えちゃうような場所。
しかしながらここで何が有るのか検討も付かない私はただボーっと立ち尽くすばかり。
そんな私の周りでじゃれてるアラン氏やらビレッジさんなどに絡まれてみたり。
ただ立ってるのもツマラン、と絡み返してみたり。
どうやら何かの出現ポイントらしいその場を捜索してるソラ氏やまったりと座ってるななしさんを眺めてみたり。

…てか本当に出るんだろうか…?

と、どうやらその場にいた全員が思ってしまったらしく…急遽場所を変更する事になった訳で。
c0012810_1238419.jpg
寝起きのトフ氏がうっかり “キス忘れた…” とか言ってる中でも襲い来るMobの撃破に忙しい面々。
向かう先々に見た事もないようなおぞましい姿をした異形の者達が犇き、次第にその数を増して行きます。
c0012810_12385145.jpg
そうして辿り着いた洞窟…というか、何やら飛び出た岩の上には…何かの出現を待っているらしい人々の姿。
落ちないように見下ろしてみた水底にはMob達が落ちてくる獲物を待ち構えるかのように犇いてました><



…で。
まぁ何となくそんな予感はしてたんですが…親クランからのゲストである本日のFA隊長なアラン氏が一言。

アラン・スミス:行く

え?

「あ」も「う」もない内に飛び込むアラン氏。
頭で考えるよりも体が動くタイプの私も後のメンバーが付いて来てるか…なんてな事も考えずにドボーンと飛び込んで先に落ちたアラン氏に群がってるMobの撃破を助力。
次々にやってきてくれたメンバーや集まってた方々も飛び込んできたらしく、次第に数を増す人数にあっという間にその場にいたMob達は簡単に撃破されてしまいましたw
私にもタゲが来てたらしくそこそこにHPを削られてましたが、即トフ氏に回復して貰っちゃったりして…後衛が強いとめっさ安心です。
後衛側にしたら “突っ込むな!” と怒られそうですが…ww(笑うな

それからちょっとした通路を泳いで抜けて。
潮に洗われてガタガタになってる感じの通路とは呼べないような通路を登り。
気付いたら何やらどこぞの船の甲板らしき場所へ辿り着いていた訳で。
c0012810_1239131.jpg
c0012810_12391340.jpg
ここで漸く変更された目的が一体何なのかを知る事が出来ました。
バグが有ったらしいですが、兎にも角にもアンタラスが倒された…という現在において。
未だJP鯖では討伐された例がない上に…かなりの持久戦を強いられるらしい…


ザケン様 に会いにきたらしいです(聞伝/お前もだ


一定時刻ではないと開かない扉を潜り抜け。
狭い通路を右へ左へ。
c0012810_12392478.jpg
気分はすっかりパイ○ーツ オブ カリ○アンな世界。
襲い来るMob達を撃破しながらもザケン様の姿を探しながらウロウロしてた訳ですが…。
c0012810_1240292.jpg

!?

傍によってきた見慣れないMobの名前が思いっきり 『ザケン』 だった事にビックリした、というのはここだけの話。
ボスクラスはデカイ…というイメージがあったせいも遠因だとは思うのですが、まさか静かに登場とは思いもよらず。
何かちょっとくらいは台詞有っても良いだろうに…と思ったとしてもしょうがないでしょう(オイ
c0012810_12401696.jpg
そうして明らかに歯が立たないのを解っていながらも、すぐ横で頑張ってる親クランの二人や丁度傍に居た方々と共に私も脇からザケン様に愛を届けてみましたv(ぇ

c0012810_12405566.jpg



ザケン様からの

愛キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



というか1発目の微妙なHPの残し具合にザケン様からの愛をひしひしと感じました。
130だけ残しておいて更にもう1回、今度は完膚なきまでに強力な1発で沈めてくれるというマゾには堪らなく嬉しい仕様です。

ああん、ザケン様ったらス・テ・キvv (アフォ
c0012810_12402943.jpg
…まぁ何というか…その場にいたメンバーで気持ちよくころころ転がってる訳ですが。
ちゃっかり微妙な遺品(高級解毒剤x7)も出して、ほんのりネタ臭漂う感じに仕上がってるのは我ながら見事かと。
しかし折角ゆっくりザケン様を拝めるチャンス到来、という訳で転がってる状態でザケン様に呼びかけてみる私。
それまではずっと奥に映ってるアラン氏の周りをうろうろされていたザケン様だった訳ですが…。
c0012810_1240361.jpg
c0012810_12404580.jpg



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



余りのタイミングの良さにその場にいたクラン員ビックリ。
私は一人、大喜び。
その後更なる大接近を果たしてくれたザケン様をパチリ。
c0012810_1241725.jpg
ザケン様は噂に違わぬ美丈夫で有らせられましたv
[PR]

by acoustic-peace | 2005-05-04 12:37 | リネ2・ゴス鯖 | Comments(0)