<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

はい、今日からまた仕事!と思っていたにもかかわらず。
夜中に降ってくれたらしい雨のお陰で1日繰り越し休みになってしまった大城です。
何だか意図せずに週休3日制みたいな事になってます。
体の調子はすこぶる楽な代わりに懐が淋しくなる事この上ないです。
 ※大城の仕事は出来高払い



まぁそれは良いとして。
ここ最近、本当にろくな事してないお陰でブロクのネタというものが有りません。
という訳で、何かネタは無いのか…と探してみた所。
このブロクにおいてあるネームカードには検索キーワード情報が見れる機能がある、というのは以前の記事でも書いた事なのですが。
またそれをネタにしよう、なんて事ではありません。

…検索キーワードが真面目で面白くなかっただけですよ(´・ω・`)



いや、それも良いとして。
そのネームカードにはカウンター機能もあるらしく、1日の累計カウント数と総カウント数というものが表示されるようになってます。
まぁ検索キーワードが表示される欄の上の方にそれが有ったりするのですが。
今までその数値がどうだとか全く以って気にしてなかったんですね。
カウンターというのはそもそも俺の中では

『来訪者のちょっとした(キリのいい数字踏んだ、などの)お楽しみ』

程度に考えていたので管理者である側に立った時はどのくらいの数字が出てる、とかそういう事に無頓着この上ない状況だった訳ですが。
今日は何となく目に留まりました。

…本当にネタが無いんだな、とお察し頂ければ幸い(´・ω・`)



いや、マジで良いとして。
…その数値が丁度1000だったんですよ。
ええ、それはもう気持ちよく。
見た瞬間に “ヤベェ、管理人の俺が自爆か?!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)” とか思った直後にブロク自体にはまだアクセスしてなかった事実に気付いたりもしましたがw
んでこのブロク。
一応、カウンターというものが目には見えないですがある訳です。
今までの累計ビュー数というものが表示されてるだけなのですが。

いつの間に 6000HIT とか行ってるんですか(゚д゚ )ポカーン

普通に驚きました。
が、すぐにこの日記が既に1年半以上続いているという事実にも気付きました。
1日辺り10人前後ならそりゃ間違ってきた人も合わせて有りえる数字でしたね。
ちょっと安心しました。
こんななかなか更新しない普通の日記と化してるブロクとか、知り合いじゃない限り常時見るような方は早々居ないって話ですね。
有難うございました。
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-28 11:42 | 日々徒然 | Comments(8)

何でもない事

こんばんわ、最近めっきり日記もサボりがちな大城です。

もうね…最近本当にネタがないというか、ネタにしていいものかどうかすらの判断が既に微妙な事しかしてませんよ(´・ω・`)
日記すら更新しなくなるとかネット上ですら生存確認が危うくなってる現状では有りますが、取り合えず毎日を徒然なるままに生きております。
…早くリネ復帰したいなぁ(´・ω・`)
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-27 21:04 | 日々徒然 | Comments(2)

前日から何気に貫徹決めてしまって、朝からテンションがかなり可笑しい大城です。

今日は久々に晴天ながらも休日を取り、実家の方と合同で海に行ってきますた。
c0012810_1753171.jpg
いやぁ、海ってやっぱり良いなぁ(ノ´∀`*)
しかしながら天気及び気温が高かったとしても…水温はやっぱり低い訳で。
それでも海へとダイブしていくお子様達にある種の感銘を受けつつ、砂浜で頭からバスタオルを被って睡眠を取る事に。
海に来たのに砂浜で寝てる…ってのもどうなのか、という突っ込みはスルー。
多分、今寝ないと寝る時間なさそうだったしな!w

…しかし、最高気温25度という予報に併せ。
本当に久々に雲の少ない晴天を観測した地元だったお陰でまぁ暑い事この上ない。
更には辺りには影の一つすらない、まっさらな砂浜。

俺、このまま丸焼きになるのか(違

だいぶラリってます。
追い討ちを掛けるような太陽光の強さも相俟って、久々にキマってしまいそうな悪寒。
1時間の仮眠の後、余りの熱さに汗だくになって目が覚めて。
しょうがないので知ったるが勝手…とばかりにテトラポットの間へと移動して漣をBGMに涼やかな睡眠を貪っておきました。
繰り返すようですが、折角海に来たのに~という突っ込みはあくまでもスルーします。

そうして実質3時間程度の睡眠を貪った後は、お子様達と一緒になって冷たい海を堪能し。
うろうろと砂浜を彷徨いつつテトラポットの間から、ヒョッコリと顔を出してるようにすら見える流木をほほえましく眺めておきました。
c0012810_1863233.jpg

[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-21 18:07 | 日々徒然 | Comments(4)

ここ最近の事

弱い台風1号がゆっくりとした速度で九州に接近中です。
もうじき熱帯低気圧に変わるそうなのですが、変わったら変わったでまた雨が続く事に関しては同じような気配が満ちてたりしますね。
原稿が思ったように進まなくて現実逃避気味の毎日を送ってる大城です。

そんな現実逃避の最中には色んな事が起こるものでして…

意外な所で偶然にも懐かしい人との再会が有りました。
全く意図してなかったので始めは “まさか” という気持ちだったのですが、どうにも会話のテンポだとかを聞いてるとその人のような気がしてならなかった訳で。
声をかけたらやっぱりそうだった…というw
腐れ縁、という言葉を思い出した瞬間でした(`・ω・´)

はたまた別の日はトイレ行く暇もない程に代わる代わる連続で人に捕まったり。
電話だったり、チャットだったり、スカイプだったり、メールだったり…と形態は様々だった訳ですが。
人生相談に乗りつつ、励まし。
些細な雑談を繰り返し。
いきなり本名を叫ばれて衝撃を受け。
頭痛くなるくらい爆笑させてもらい。
たっぷり音楽ファイル送ってもらい。
…と本当に様々な事が盛りだくさんの1日を送った日も有りました。
お陰で2件ほど予定を断る羽目になったりも…(´・ω・`)

まぁここ最近の毎日をこんな風にふらふらと。
オンラインとオフラインの狭間をうろうろしてる大城を真面目にとっ捕まえたい人はまず、携帯アドor番号を知ってる人は携帯メールか電話で。
しらねーよ、という人はスカイプとかMSNにオンラインになった隙に。
それも解らない人は…まず捕まらないに等しい現状。
雨の日も忙しいのはどうやら時期的なデフォでもあるようです(本当か?
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-19 09:23 | 日々徒然 | Comments(2)

ポテトには魔物が潜む(2)

前 回 からの続き)



さて、店員への挑戦のような注文編が終わったら勿論…注文したものを食する事になる。
大城達はトレーに並べられた注文品の数々をそれぞれが捧げ持ち、2階にある喫煙ルームの一角を陣取ってしっかりと腰を据えるつもりでそれらをそこに降ろした。
【本日の挑戦相手】
c0012810_15581850.jpg
なかなかの迫力がある画像である。
バーガーのみ、ポテトのみ、ドリンクのみとそれぞれのトレーが分けられてる上にみっちりと埋められている様は普通の生活を送っている者にすればなかなか見れそうにもないのだが…大城達はやや様子が違う。
テーブルを囲む顔はもれなく笑顔。
だが、それは思う存分食べられると言う事に対しての喜びの笑顔ではない。

大城:「つーか、うち(実家)が注文する時って変な話人数が人数だけにもっと酷いよなwそれもお持ち帰りとは言えど、昼食時だとかとにかく人多い時だしなwww」
ハニーグラ:「だよねwww」
弟御:「拷問だよなwww」

実家の人数、大城込みで総勢7名。
後ほんの少しで団体割引が可能な人数である。
その人数の大半が成人している事を想像して頂ければ、その注文数がどのくらいになるかの想像は容易いかと思われるので割愛させて頂く。
そしてそんな事実を改めて確認した後は実食と相成る訳なのだが、注文を受けた店員Aの混乱は不思議な所にも影響を及ぼしていた。

ハニーグラ:「…これ、レモンミルクティだ…」

注文したものは勿論、普通のミルクティ。
だが、そんな混乱を招くような注文をした事を重々承知している面々はむしろその事実を楽しむが如く、回し飲みしていた。
その微妙な飲み物は決して美味いとは言えないが、不味いとも言えない味わいになっていた事を記そう。
ちなみにその他の注文はやや雑にはなっていたが、まともな商品だった。
流石はマクドナルド。
混雑時刻のあの戦場のような流れを伊達に経験してない、と言うべきだろうか。
そして思い思いに楽しい夕餉を味わっていた時にそれは起きた。

大城:「そのまま飲むなよ?」

大城の正面にはハニーグラが座っていたのだが、そのハニーグラに対して唐突にそんな事を言ったのだ。
言われたハニーグラは、と言えば…手には例のレモンミルクティ。
普通に飲み物を飲もうとしてる最中に “飲むな” とはこれ如何に…という時だ。
ハニーグラが慎重に持ち上げたストローの先に有ったのは ポ テ ト の姿。
それも吸引力のみで持ち上げられているそれはストローの先で不安定そうにフルフルフル…と微かな振動を繰り返していた。
それを目撃してしまったハニーグラはつい噴出す。
それに伴ってストローの先のポテトも一緒に噴射。
むしろ吹き矢のような勢いで大城の所まで飛んできたではないか。

大城:「吹き矢攻撃か!」

間違っている。

ハニーグラ:「ゴメンwwwだって持ち上げた時のポテトが何かあんまりにもフルフルしてて、それ見た瞬間に頭の中で “ヘリで救出されるおじいちゃんっぽい” って思ったからwww」

よく解らないような、とてもよく解るような不思議な表現方法である。
ヘリで宙釣りされる老人を想像する辺りで既に通常の想像から遥かかけ離れてる訳なのだが…それはそれ。
やはり血の繋がりたるものは恐ろしい。

大城&ミ&弟御、(表現が)上手い!と大絶賛。

誰も違和感を覚えない辺りが素晴らしいとしか言いようがない。
そしてそれが今回の総合タイトルたる 『ポテトには魔物が潜む』 と言う出来事のきっかけになったと言っても過言ではないだろう。
次々にポテトにまつわる妙な現象が勃発。


何故かポテトをすするミ。
(ポテトは麺類ではない)
誰も見てない隙に一人でポテトをお手玉する大城。
(ポテトはおもちゃでもない)
その様に爆笑し続けながらポテトを4個完食する弟御。
(彼の胃は無尽蔵)


ポテトに含まれる塩分がそうさせるのか、それとも油分なのか。
はたまた店員Aにかかった混乱が遅れてこちらに跳ね返ってきてしまったのか。
…最早、どれが正解だとか言う事すら関係がないとばかりの笑い声が人気のないマクドナルド店内に響き渡る。
いい迷惑である。
夕餉の時刻をやや下回った時刻じゃなければ叩き出されていた所だろう。



…そんな風な大騒ぎの実食(約1時間半)の結果。
c0012810_16193078.jpg
見事に完食。
主に笑い続けながらも約3セット半を軽く平らげた弟御の活躍なしでは成し遂げられなかったものと思われる。
そして実食後は勿論、片付けて帰宅する…と思われた時。

大城:「ハッピーセットのチキンマックナゲットのヤツで2つ」

おもむろに群れを離れてレジに向かった大城はそう言い放った。
その相手は勿論…。

店員A:「店内でお召し上がりでしょうか…?;;」
大城:「持ち帰りで」

店員A、2度目の未知との遭遇。
アレだけの物を食しておきながら、まだ頼むの?!と顔に書いての接客である。
そんな事も意に介さない大城は平然とした顔で支払いを済ませ、注文の品を受け取って店内を去っていく。
その背中を見送る店員Aの笑顔はどこか虚ろな気配を滲ませていたとか。
本当にお疲れ様でした。


【大城の家族へのお土産品】
c0012810_1624245.jpg
※オマケのTHE DOGが目当て
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-12 22:00 | 日々徒然 | Comments(9)

ポテトには魔物が潜む(1)

4月某日。
以前よりこの企画に賛同してくれていた『NO TRICKS』管理人の “ミ・サトゥ” と『あくせくしたってはじまりませんぜ』の “ハニーグラ” 両名と。
このブロクの管理人である大城+弟御…まぁ所謂、大城の兄弟が一堂に会するこの企画。
事の始まりは大城の自宅に遊びに来ていたミとの会話からそれは始まった。

大城:「最近、ブロクのネタがないんだよなぁ」
ミ:「兄者、ないなら作れば?」
大城:「作れって言ったって…(何かを思いついた笑い)…久々にマックのバリューセットとか食いに行きたいな」
ミ:「良いね」
大城:「たまには兄弟揃って行くか」
ミ:「いつが宜しいか?」
大城:「全員揃う時で」

それは瞬く間に残り2人にも伝わり、後は互いのスケジュール調整…と言う段階を経て。
やってきました。
久々の名物珍道中の始まり始まり。





------------------------------ ここから ------------------------------

5月某日…と言っても所謂、今日。
以前より綿密に計画を練っていた大城・ハニーグラ・ミ・弟御の4名は大城の自宅前にずらりと立ち並んでいた。
各自の瞳がやけにキラキラと輝いているのは希望に胸を膨らませている訳ではない。
いや、ある意味希望に胸膨らませている…と言う表現はあながち間違いでもないのだが、どちらかと言うと “悪戯前のガキンチョ” と言う表現が正しいに違いない。
そんな風にいい大人達が日もしっかり沈んだ暗闇の中でニヤニヤと笑っている。
怪しい事この上ない光景なのだが、一行の頭の中は別の事で一杯だったが故に全く気付いてない辺りがこの人達らしい。
ややあって遅れていた弟御も集合地へとやってきた所で、ハニーグラの車へとそれぞれが乗車したのだが。

大城(運転席後部):「おお!俺、社長位置!キタコレ(゚∀゚)!!」

テンションが既に可笑しいとか言ってはいけない。
大城が身内に見せるテンションは常にこれがデフォなのだ。
それを証拠に…

ハニーグラ(運転席):「運転手に係長、ヒラに社長…本当や!www」
弟御(助手席後部):「ドア開けんとやなwww」
ミ(助手席):「ちょwww私、平社員?!www」

一堂、既に出来上がってる状態。
決してこれより前に飲酒していた訳ではない。
繰り返すようだが、この面子はこれがデフォなのだ…恐ろしい事に。



…そんな風に出発時からテンションぶっちぎり廃(チガ)モードを抑える事も知らずに出発したご一行は一路、自宅から一番近いマクドナルドへと車を走らせ。
相変わらずのハイテンションを維持しながらもマクドナルドの駐車場へと到着したまでは良いのだが。
ハニーグラ&ミ、下車。
弟者、下車。
大城、ややあって下車。

大城:「つい “ドア開けんかい、コラァ!” って言いそうに…」
ハニーグラ&ミ:「待ってたんかい!!」
弟者:「俺、開けようと思ったんだけど…」
大城:「遅いわ!走ってきて開けんかい!w」

大城のツッコミどころが既に可笑しい。
しかしその成果は有ったのか、駐車場からマクドナルド店内へと続く道にある各扉は悉くハニーグラ&ミ両名の手で開けられ。
大城は意気揚々と店内へと乗り込んで僅かな社長気分を味わったのだ。
それが既に庶民レベルだと言う事はこの際突っ込まない方が良いらしい。



そうしてまずは注文…と言う事で、殆ど人が居ないマクドナルドの注文カウンターの前にずらりと並んだご一行。
何やら各自ニヤニヤ笑っている辺りで、既に異様な雰囲気を醸し出しているという事を彼らは知らない。

店員A:「ご注文お決まりになりましたらどうぞ(笑顔」
ハニーグラ:「バリューセット、1~9まで 全 部
店員A:「はい」

ちょっと可笑しい注文が来たにもかかわらず、条件反射的に返事を返した店員A。
しかしその直後、彼女はレジの前で呆然とした表情で固まった。
どうやら “妙な注文だ” と言う事実に漸く気付いてくれたらしい。

店員A:「バリューセットを…(確認」
ハニーグラ:「全部で(笑顔」
店員A:「ポテトは全部ポテトで宜しいですか?(困惑」

ポテトは全部ポテト。
ポテトA、ポテトBとか区別されても逆に困るとは思うのだが…その辺を考慮する余裕は彼女には既にないらしい。

大城:「はい」
店員A:「セットのお飲み物を9つ、お選びください(決まり事」
ハニーグラ:「ダイエットコーラ以外、 全 部

それしか注文方法を知らないかのような口ぶりである。

店員A:「かしこまりました」

だが流石はマクドナルド。
社員教育はしっかりされているらしく、お決まりのセリフはきっちりと返してくれる辺り素晴らしい。
もれなくついてくるスマイルは最初の注文の段階で消え失せてはいたが。
そして何事もなく注文が済んでしまうか…と思われた時だった。

店員A:「???;」

店員Aに予測外の事態発生。
忙しなくレジとそこから打ち込まれた注文が表示される画面の前を数回行き来する。

店員A:「;;;」

どうやら何がなんだか彼女の中で訳が解らなくなってきたらしい。
その時、横に居た店員Bに2重確認して貰うものの、店員Bも即座に混乱。
バリューセット全種+ドリンク(ダイエットペプシ以外全種)と言う注文はどうやらパッシブで混乱の効果が有るらしい。
そんな注文をする方もする方だが。

店員A:「済みません、ドリンクなのですがどれを…(混乱」
ハニーグラ:「ダイエットコーラ以外を全部」

これしか言えないのか、とばかりに繰り返すハニーグラ。
なかなかの鬼である。
再度繰り返された同じ台詞に対して困惑の表情を隠す事もせず、メニュー表とレジに打ち込まれた物を確認する店員Aなのだが…どうやらこの段階で異変はしっかり起こっていたらしい。
慌しいレジの様子に主任らしき男性が出てきて混乱中の店員Aに助け舟を出したではないか。
“どうした?” と訊ねた主任に店員Aが発した言葉は…。

店員A:「エラーです;;」
主任:「代わって。君は並べてて」
店員A:「はい…;;」

混乱中の店員Aに任せていては埒が明かない、と言わんばかりに眉間に皺を寄せてのレジ打ちである。
マクドナルド名物の『スマイル¥0』は一体どこに行ってしまったのだろうか、とばかりの剣幕だ。
なんだか段々可哀想になってきてしまった大城達では有ったが、何しろその注文をした当人が自分達だ。
しかし流石は主任。
エラーをはじき出していたレジを通常の状態へと戻したかと思うと、おもむろにメニューを見ながらピッピッピッ…と入力していった所でエラー表示される原因を発見したらしい。

主任:「こちらのレジで一度に打ち込める数を上回っておりますので、お会計を別々にさせて頂いてよろしいでしょうか?」
大城:「構いません」
主任:「それではこちらのお会計とそちらのレジでのお会計合わせまして5350円になります」
大城:「はい」

だがそこで大城は発見してしまった。

レジ1に表示されてる金額:4350円。
レジ2に表示されてる金額:500円。
4350+500=4850円。

500円の水増し請求だ。
むしろ迷惑料が500円なのか。
そのくらい請求されてもしょうがないような店員Aの動揺具合を他所に5050円を支払うと、ちゃんと200円返ってきた。
別口で500円請求されたら笑えるのにな、などと思う大城に手渡されるレシート2枚と200円。
【レシート1】
c0012810_1683823.jpg
【レシート2】
c0012810_1691181.jpg

その後ろで未だ完全に混乱しきっている店員Aは一人で更なる混乱の一途を辿っていた。

店員A:「えっと…あれ?あれ?;;」
主任:「どうした?(眉間に皺」
店員A:「1つ飲み物が足りないんです(混乱」
主任:「何を作ってないの(苛立ち」
店員A:「…解りません;;」

別にもう飲み物が重複してようがなんだろうがどうでも良いのだが。
そんな大城の心の声ももちろん聞こえる訳がない店員Aと主任は、トレーの上に並べられたジュースの蓋を1つずつ開けて中身を確認していく。
もちろん、大城も一緒になって中身を確認してみたのだが…如何せん注文した物を既に記憶してないので無い物が何なのか、と言う判断は出来そうにもない。

主任:「お飲み物は上からコーラ、ジンジャエール、Qoo…」
ハニーグラ:「ダイエットコーラ以外の物を全部なんです」

また同じ事を繰り返すハニーグラ。
再度、混乱に拍車がかかってきた店員Aはボソリと一言。

店員A:「もう訳解んないよぅ…(泣き言」
大城:「時間は有るんで、ゆっくりどうぞ(笑顔」
店員A:「すいません」

“このコ落とすなら今だろうな” …などと言う不埒な考えを隠し持った大城の不埒な笑顔も、混乱を極めてきた店員Aには優しい微笑みに見えたに違いない。
だが、残念ながらこの一言でどうやら少し冷静になったらしい店員Aは未だに作ってない飲み物が “ファンタ グレープ” である事に気付いてしまったのだ。
大城の作戦、露と消ゆ。

店員A:「お待たせしました。有難うございます、ごゆっくりどうぞ!」

長い混乱の時間から開放された彼女の笑顔はこの日一番の晴れやかな笑顔だったとか、そうでもないとか。


(2に続く)
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-12 20:30 | 日々徒然 | Comments(2)

居ないなら 創ってしまえ ホトトギス(?

今日の天気予報が昨日の段階では思いっきり雨模様だったので、ついつい油断して夜更かし。
久々に4時とかの快挙を成し遂げた(?)所で限界が訪れたので寝たのですが。
朝、目覚ましに叩き起こされて渋々起きた所…外の天気は思いっきり晴れでした(´・ω・`)
実質睡眠時間2時間+微妙な体調不良を抱えての現在な大城です。
もう自分が何言ってるのか訳が解ってません。
有難うございます。

それは良いとして。
明日の夜は個人的にちょっとしたイベントが待ち受けてます。
1ヶ月前辺りからプランを練っていたので、実に楽しみです。
そして日記のいいネタになるに違いありません。
明日は朝から体調を整えて挑んで参ります。



きっと爆笑しすぎて妙なテンションに跳ね上がって、気付けば何がなんだか解らなくなるに決まってる(オイ
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-11 20:17 | 日々徒然 | Comments(3)

創作日記徒然

相変わらず仕事と家庭の往復ばかりでこれと言って話題もない大城です。

という訳で、そう言えば昨日更新したんだったよな…と思い出した2次創作風日記の事についてちらりと。
まぁ既に読んで頂いた方が居るのかどうかちょっと怪しいので、以下反転。



<ここからネタバレ>

昨日UPした第20話を以って、第一章となる話が終幕を迎えた訳ですが。
第一があるなら、勿論第二もある訳で。
俺がプレイヤーとして動かしている以上、Eadigの物語も無論続きます。
むしろ俺がEadigというキャラを動かす事を放棄、またはリネージュ2というゲームを引退しない限り続きます(`・ω・´)

そして既に予告として出しているタイトル“The Chaotic Chronicle” からは、今までとは少し違う方向からの視点で話が続いていく予定だったりします。
今までは他人事だったテオンサーバーのプレイヤーの方々。
特に血盟員の方々は覚悟しておいてくださいwww

ちなみにあの事は書かないで、とか。
あの事はむしろ書いてくれ、という要望はほんのり(ぇ)受け付けますのでそのような要望等がある方はスカイプやMSNで捕獲して迅速に伝えておくのが良いでしょう。
じゃないと結構赤裸々に、有るがままに書き綴りますよ(コラ

</ここまでネタバレ>



そしてここ最近、猛ダッシュで更新し続けていた2次創作日記は暫しお休み。
1、2週間の間を空けてから再び物語を動かして行きたいと思っていますので、どうぞこれからも宜しくお願い致します。
その間はまぁ本館弄るか、コミュでみなぎってるか…どっちかだとは思うんですけどねwww
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-10 21:42 | 日々徒然 | Comments(2)

攻防の予感

GWもついに終わりを告げ、本日から仕事だった方も多いのではないでしょうか。
皆様同様、俺もやっぱり今日から仕事でした。
世間一般的なGWと言うものを味わいつつも、結局マクドナルドくらいにしか出かけてません('A`)
それもハッピーセットについてくるオマケが “The Dog” だったから…と言う、余りにもお粗末な理由だとかいうのはこの際スルーで。
更に言うなら娘様よりも親の方が喜んでた、何て事実も自分の中でスルーしておきました。

こんな両親でゴメンよ(つд`)<娘様



それは良いとして。
本日から仕事始めだったのですが、意外と暇があったりする訳で。
仕事の合間に何となく携帯を持ち出して野の草花などをカシャカシャ。
するとやっぱりこの方々はせっせと仕事してた訳で。
c0012810_1734302.jpg
とても熱心に蜜を集めてるそのさまを眺めていると、頭を過ぎるのが 『去年の攻防』 。
アシダカバチに始まり、コスズメバチに寄り道し。
最後はやっぱりオオスズメバチ…とばかりに攻防し続けた夏のあの日々。



奴らは5月から10月までが活動シーズンらしいです(`・ω・´)



今年もやっぱり市販の蜂駆除剤を所持しての作業になるんだろうか…などと思うと、ちょっと気持ちが滅入りそうになったりした午後。
今年こそ全面勝利を誓って ミ ナ ギ リ マ ス (`・ω・´)ゝ
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-08 17:39 | 日々徒然 | Comments(0)

創作日記徒然

皆様はGWをいかがお過ごしでしょうか?
何だかんだと言ってGW前に親父様を言い包めて、GWと言う私の中では幻だった連休と言うものを満喫してる大城です。

いつまで連休なのかって?
親父が休み飽きるまでです(`・ω・´)

物事の取り決め方もオーキッシュだとか言うツッコミはスルーで。



いや、それは良いとして。
連休=創作し放題、と言う連想がすかさず出てくる辺りに己の間違い方を痛感したりもするんですが、取り合えず話をぶぁりぼり書いておりますよ。
余りにも珍しい事なのでGWは雨模様ジャマイカ?とか心配したんですが、雨降りそうになくて良かったです。
変わりにやや気象が可笑しいですが。

※大城の地元の例年の平均気温は15~18度。
 GW中の平均気温は18~25度。
 もう夏仕様ですか?!Σ(゚д゚ )



ま、それも良いとして(良くねぇ
2次創作風日記もさる事ながら、リネコミュの方でマイペースに進めてる完全な創作日記の方もいい感じで進んでます。

楽しいです。

ええ、2次創作の方よりも登場人物を勝手に動かせる分純粋に楽しいですね!w
あ、いや…別に2次創作日記が楽しくないとかそういう事言ってる訳ではないんですよ?
ただ、元になる人がいる訳で…。
その人のイメージとか印象を如何に表現するかとか、己の激しく劣化してる脳みそをフルに起動して記憶を掘り起こす作業がちょっと辛いというか、なんと言うか…モガモガ。
己の表現力の限界を超える方とかと出会っちゃってたりすると、もうね…orz


ボキャブラリーの少なさに乾杯☆(アハァ/壊


とか言い出したくなりますよ。
久々に本を読み漁るしかないのかな、なんて思ったりする今日この頃なのでした。
[PR]

by acoustic-peace | 2006-05-05 10:25 | 日々徒然 | Comments(0)